VR キャリア

バーチャルSNS「cluster」でイベントを行ってみて分かったこと

 

バーチャルSNS clusterというアプリをご存知でしょうか??

 

今、私が注目しているバーチャルSNSです。

 

■クラスター株式会社とは

誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできる「バーチャルSNS」を展開しています。スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。世界初VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や世界初eSports専用バーチャル施設「V-RAGE」、渋谷区公認の「バーチャル渋谷」、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」の制作運営など、バーチャルで"集まる"体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。

 

■会社概要

社名   :クラスター株式会社

所在地  :東京都品川区

代表者  :代表取締役 加藤直⼈

設⽴   :2015年7⽉

業務内容 :バーチャルSNS「cluster」の企画・開発・運営

URL   :https://corp.cluster.mu/

 

先日、はじめてこのclusterを使ってイベントを行いました!

 

 

clusterを使ってみた感想や、反省点などをまとめましたので、ご参考ください◎

 

■もくじ

1.私がclusterに注目している理由

2.アバターはREALITYのアバターを使う事が出来る

3.cluster はイベント数もまだまだ少なくブルーオーシャン

4.BGMを流したり、集客が多すぎると重くなる

 

 

1.私がclusterに注目している理由

 

ズバリ、バーチャル空間で、キャリアカウンセリングを行いたいからです。

 

キャリアカウンセリングってまだまだ馴染みのない方も多いかと思います。

 

それは、キャリアカウンセリングを受けられる場が限られているからです。

 

大学のキャリアセンターや、ハローワーク、人材会社が実施しているイベント、人材紹介会社での面談時のカウンセリングなど・・・

 

就職したい!転職したい!というニーズがあって、行動をすれば、キャリアカウンセリングを受けられる可能性があるのですが、特に、ニーズがなければ出会う事はありません。

 

ですが、普段の仕事での悩みがあってこそ、「転職したい」という気持ちがうまれるわけで、本当は、普段の仕事に満足出来る事が一番ハッピーなことです。

 

普段から、キャリアカウンセリングを受けられることが出来れば、いつもの仕事がもっと充実したものになるのではと思います。

 

そんな気持ちから、より身近に、よりハードルをさげ、気軽にキャリアカウンセリングが受けられる場として、「バーチャル空間」に注目しています。

 

2.アバターはREALITYのアバターを使う事が出来る

 

バーチャル空間というとアバターですが、アバターなんて持ってない!という人も、clusterを利用することができます!

 

まず、clusterにはデフォルトでアバターが用意されていますので、イベントに参加するなどであればデフォルトのアバターで十分です。

 

イベントを開催したい!という場合も、もちろんデフォルトのアバターを使うことができますが、オススメはREALITYというアプリでアバターを作成し、clusterと連携させるのがオススメです。

 

バーチャルSNS「cluster」、スマホでアバター作成出来る「REALITY」との連携機能をリリース

引用元:PRTIMES 2020.6.10

 

無料で好きなアバターを自分で作ることが出来ます◎性別、髪型、目、眉毛、口など、細かなパーツがたくさん用意されていて、組み合わせも自由です!

 

お気に入りのアバターを作りたい時は、REALITYを使いましょう。

 

3.cluster はイベント数もまだまだ少なくブルーオーシャン

 

公式プレスリリースでは2020年の公開イベント数は1055と発表されています。

 

バーチャルSNS「cluster」の2020年イベント動員数が300万人突破!

引用元:PRTIMES 2020.11.16

 

2018年と比較すると10倍に増えています。それだけバーチャルでのイベントのニーズが高まっているということですね。

 

しかし、1055というと1日に2〜3回のイベント数という計算です。これは、イベントを開催すれば、ある程度集客が見込めるブルーオーシャン市場と言えます。

 

つまり、TwitterなどのSNSでイベントを拡散させたりしなくても、ある程度の集客を見込むことができます。

※もちろん、実施日や時間帯などは参加しやすい時間帯を選ぶ必要があります。

 

私の初回のイベントでは、スタート時にはおそらく10〜20名ほどの方がお集まりいただいていたように思います◎

※このあと、トラブルによりイベントを一旦クローズすることになり、大変申し訳ない回となりました。詳細はのちほど。

 

競合が少ないということはチャンスですよね!

 

今のうちにcluster内での認知を取れれば、人気のイベントになるのも夢ではないかも!

 

4.BGMを流したり、集客が多すぎると重くなる

 

さて、ここからが私がおかした大失態についてお話します。

イベントを設定する際にBGMを流すという項目があるのですが、ここでBGMをオンにしていたんですね。入ってきてくださった方が、無音だと寂しいかなと思っての配慮のつもりで設定していました。

 

ですが、実際にイベントを始めようとして、BGMをオフにしようとしても、停止ボタンを押しても押しても、BGMが消えない!!!???

 

何度行っても無理だったので、一旦会場のみなさまには、事情を説明し、予定時間の30分後に再スタートするはめに・・・。

 

良かれと思って行っていたのですが、本当に申し訳ないことをしてしまいました。

 

あとから調べると、やはりBGMを流すと重くなって、操作もしづらくなるようです。

 

私が使用しているネット回線のスピードや、PCのスペックなども影響していたと思います。

 

再スタートした方は、BGMはオフにするとスムーズに進めることが出来ました。

 

定刻に来てくださっていた方も、再スタートの時には、いらっしゃらなかったり(そらそうですよね・・・)していたので、本当に残念で、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

ですが、これもやってみたあかしとして、ポジティブにとらえ、次につなげられるよう努めます!

 

■おわりに

 

近い内に第二弾を実施します!その際はまたお知らせしますので、是非、遊びに来てください!

 

私の失敗が、他の方の参考になればと思い、ブログに残しておきます(T_T)

-VR, キャリア

© 2021 働くパパ応援/たかゆきチャンネル Powered by AFFINGER5